水着を買い換えるタイミング

水着の買い換え理由

水着を買い換えるタイミングを意識される方は、水泳選手以外にほとんどいないと思います。そもそも、水着を買い換える理由についてさえピンとこない方もいるのではないでしょうか。もちろん、特に破けている訳でもないのに、デザインが古くなったという理由で捨ててしまう方も少なくありませんが、実際、そのタイミングとはいつなのでしょうか。

一番水着を使用しているのは、やはり水泳選手です。競技用の水着の買い換えるタイミングとは、使用頻度が高い為に水着が透け透けになった、あるいはお尻の部分が薄くなっていたという理由で買い換えることがほとんどのようです。目安としては、100時間程泳ぐと水着が傷む為、買い換えが必要になるとされています。意外と早く駄目になってしまう印象を受けますが、毎日プールで練習する選手ならではのタイミングと言えるでしょう。

一般的な水着の買い替えタイミングとしては、デザインの他に、体型が変わってサイズが小さくなってしまったことが原因でやむなく買い換えるというケースも多くあります。海に行くとなって、いざ着てみるときつきつで全く入らずに愕然とするという、ある意味、加齢と共にありがちな理由となっています。そんな場合は、お腹を隠す、スカートを巻く等して体型をカバーする水着への買い替えがお勧めです。このように、水着は人それぞれのタイミングで買い換えが必要になりますが、体型以外の理由とは何が挙げられるのでしょうか。